楽天ふるさと納税のメリット・デメリット|クレジットカードのポイント節約に最適!

こんにちは!くろべーです^^

2015年からスタートした楽天ふるさと納税。楽天が運営するふるさと納税サイトなのですが、やはり楽天グループならではのメリットがあります。

「ポイントでお得」とかが好きな人は食いつきやすいかと(* ̄ー ̄)ニヤリ

以下のメリット・デメリットを読み進めてもらえれば楽天ふるさと納税の特徴もわかってくるので、良し悪しを理解した上で有効活用しちゃってください♪

【お得】ふるさと納税はクレジットカード払いでポイント二重取りにしよう!

2016.10.01

楽天ふるさと納税のメリット3つ!

1.楽天スーパーポイントがザクザク貯まる!

楽天ふるさと納税の最大のメリットがこの楽天ポイントです(* ̄ー ̄)v

楽天スーパーポイントは楽天市場で買い物をした時に1%(100円につき1pt)付与されるわけですが、なんとふるさと納税の寄附金に対しても発生

例えば60,000円分の寄附を楽天ふるさと納税経由で行った場合、最低でも600pt(600円分)がポイントで還元されるわけですね。

また、楽天市場で定期的に開催されているSPU(スーパーポイントアッププログラム)期間に寄附を申し込むと、ポイントが4〜7倍(4%〜7%)になることもあります。

このSPUは楽天カードを利用すれば比較的簡単に5%位にはできるので、SPU期間に60,000円分を申し込んだとしたら・・

3,000円分のポイントが付与!!∑( ̄ロ ̄|||)なんと!?

ふるさと納税は2,000円は自己負担ですが、楽天ふるさと納税+楽天カード+SPUのトリプルコンボで自己負担分すら相殺されて、1,000円分プラスになっちゃいますね( ̄ー+ ̄) キラーン

補足:楽天カード持ってない人はチャンス!?

楽天カードをまだ作っていない人は、新規無料で作成するだけで5,000pt前後が付与されます。また、楽天市場の商品を楽天カードで買うと、ポイントを使って割引することもできるので・・・

ふるさと納税の寄附金額からこの5,000ptを減らせてしまうのです( ̄∀ ̄)v

つまり、55,000円しか払っていないのに、しっかり60,000円分寄付したことになって、しかも楽天スーパーポイントはゲットできるという(* ̄ー ̄)ニヤリ

2.楽天ポイントでも寄付ができる!

楽天ふるさと納税は通常の買い物と同じ扱いなので、楽天ポイントが貯まっている人は楽天ポイントで寄附をすることができてしまいます。

つまり、自分でお金を払わずにふるさと納税ができるので、タダで寄附金控除が受けられてお礼品ももらえるという( ̄ー ̄)ニヤリ

なので、楽天ポイントを貯めている人は非常に有効なふるさと納税だと思います。

補足:楽天ポイントの貯め方

毎月の支払いを全て楽天カードにすることで、毎月じわじわと楽天ポイントを貯めることができます。

僕も今では100円の買い物でも全て楽天カードで支払っていますが、地味にかなりポイントが貯まるのでオススメです♪

3.お礼品のレビューが多い

さすが楽天、楽天ふるさと納税のお礼品にもレビューが多く投稿されています。

多分楽天市場を使っている人たちがそのまま楽天ふるさと納税に流れて、しっかりレビューも入れてくれてるんでしょうね♪

商品レビューがあるとユーザーとしては検討しやすいし、迷った時にも背中を押してもらえるでありがたいです^^

楽天ふるさと納税のデメリット3つ!

1.自治体数や商品数が少ない

楽天ふるさと納税は残念ながらまだまだ商品数や登録自治体数が多くありません。2016年10月6日時点では102団体と、全体の5%程度となっています。(102/1788)

ただ、もうすぐ58の自治体がオープンする予定とのことだし、2015年7月31日にオープンしたばかりでまだ1年程度のサービスでもあるので、これからどんどん自治体数は増えてくると思います。

現時点では楽天の急進を期待しておきましょう♪

2.注文者情報と住民票の内容が違うと控除申請できない

楽天会員登録時に入力した注文者情報と住民票に記載されている名前・住所が違っている場合は税金の控除申請ができなくなります。

例えば専業主婦の方が楽天IDを持っている場合、そのまま主婦の方の名義でふるさと納税に申し込んでも控除はできない、ということです。

ふるさと納税は旦那さん名義にしないといけないからです。

この辺はややこしいところですが、「ふるさと納税はあくまでも納税者が受けられる」ということは覚えておいてください^^

3.ふるさと納税専用アカウント(マイページ)がない

楽天ふるさと納税では専用のマイページがありません。なので何度か寄附をした時に管理がしづらい、というところがデメリットになります。

注文履歴を表示すれば履歴自体は残っていますが、上限額の確認もあるのでパッと履歴を確認したいですからね^^;

まとめ:ポイントを有効活用したい人におすすめ!

楽天ふるさと納税最大のメリットは楽天ポイントの活用ですね^^

日頃楽天を使っている人や楽天カードや楽天ROOM等でポイントを貯めている人はすごくお得になるので、ふるさと納税でも使わない手はないです。

また、楽天カードを持っていない人でも、新しく楽天カードを作るだけで5,000円程度のポイントが貰えるので、これを機に作って支払いを楽天カード1枚に絞っちゃっても良いと思います(* ̄ー ̄)v

商品数が少ないのが難点ですが、飛騨牛など目玉商品はラインナップされているし、僕も使った感じ何の問題もなかったので、興味がある方はとりあえずお礼品を探してみてください♪

にほんブログ村 その他生活ブログ ふるさと納税へ  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ運営者のくろべーです^^ 2015年に節税目的で始めたふるさと納税。自分で行ってみてすごくお得なことを体感したので、リアルでもネットでもたくさんの人に使って欲しくてブログを開設しました♪ 一緒に節税しながらふるさと納税の返礼品を楽しみましょう( ̄∀ ̄)v